スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペースバトルシップェ…

何というか…うん。
言いたいことは色々とある…。
何というか…やっぱりそうか…そうだよな…実写化…って感じ。

映像はきれいだった。そりゃ製作費とんでもねえからな。

続き:ネタばれ
映像は良かったよ、映像は
なんかヤ/マ/トが地面からゴゴゴって出てくるシーンが似たような形のがれきばっかりで怪しかったけど、
映像はきれいだったよ。まぁ製作費ごっそりかけてますからね。そうでもしないとT/B/Sしにますからね。

宇/宙/戦/艦とか、レーザー砲とか、日本人(少なくとも我々のような一般人)は目にしていないわけだから、そういう想像でつくらなければならないもの(しかしできるだけ矛盾はよろしくないもの)とかのギミックとか、発光の仕方、質感、そこら辺はきれいだった。CGとわかるが、それもまたCGらしくもあり、CGの美しさの一つだと思うのでCG面は気にならなかった。ヤ/マ/トの艦体自体の質感やら、ガ/ミ/ラ/ス側のキモい艦体の質感やらの描き分け、ヤ/マ/ト自体は原作チックで良かった。

やじるしの服隊員服もアニメ版のダサダサ感(褒め言葉です)を残しつつ、今の人向けというか実写向けにデザインしなおされてこれは個人的に好きだった。実写版鬼/太/郎の残念っぷりとはここが違ったな。

他…まぁ…何というか…
完全に別物だった。二次創作臭…

公開前インタビューとかで知ってのことではあったが、
本当に別物であった。

古/代君?いなかったよ。代わりに戦闘班の班長にキ/ム/タ/クがいたけどね。
キ/ム/タ/ク自体(というかアイドルや人気の俳優・芸人、声優も)はその人物自身のキャラが濃かったり先に出演したドラマや映画の印象が濃くてそれをひきずってしまうことが多いが、キ/ム/タ/クはそれが特に濃いひとだと思うんです。
キ/ム/タ/クはキ/ム/タ/ク自身が人気なのであって、何もキ/ム/タ/ク以外の人物の演技する必要はないと思うんだが…っていうと、キ/ム/タ/クの芸術活動を狭めてしまいそうだけど。

内容は…うん…あはは…

ざんねんでst

原作(アニメ版)を踏襲しているのは前半のヤ/マ/トがミサイルをは/ど/う/ほ/うで迎撃するあのシーンだけで、そのほかは残念なくらい名シーン?の切ったりはったりが多く、いきなりどうしてこうなったというような展開が多かった。まぁ、よくあることだよね。仕方ないよね。

デ/ス/ラー…

どうしてこうなった…
私はガ/ミ/ラ/ス側の配役がすごく気になっていたんだ…
ス/タ/ー/シ/アとか、そこらへんの人たちの俳優が公表されてないからすごく楽しみであった。
しかし同時に不安でもあった…これってもしかして、もしかすると…CG系か?

CG系だったよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ド/メ/ル/将軍がでるか気になっていたがそれ以前の問題だったよwww
しかししっかりカンチョードリルミサイルはあったって言う。
でもドリルミサイルの一件は真田さんとア/ナ/ラ/イ/ザ/ーのイケメンシーンだからな…
ア/ナ/ラ/イ/ザ/ーがああいう扱いだったから仕方なかったとでもいうのか…

まぁよくよく考えれば実写で顔色があんなに悪かったらちょっとアレであるし(スマイルやフォンドヴォーを思い出してもらえば分かる)、本当に人間型の敵役だったら色々戦闘シーンのエフェクトやら何やらがグロくなるわけで、確かにそれはヤ/マ/トじゃねえな、とは思った。

が、あれはデ/ス/ラーじゃねえ…確かに七三だった、七三わけだったよ、でもデ/ス/ラーじゃねえ、声はデ/ス/ラ/ーだった、でもで/す/らーじゃねえ、ガ/ミ/ラ/スのみなさんじゃねえよ…

っていうか、イ/ス/カ/ン/ダ/ルって人名みたいな扱いかよ…みたいな…

あと雪の設定が無茶苦茶じゃねえかwww
パンフ買って読んだけど、ファンだったらムリくり捻じ曲げるとか間違ってねえかと思いました。
いや、戦闘班になったとかブ/ラ/ッ/ク/タ/イ/ガー乗ってるとかそこら辺はまだいいよ。

何でツンデレ?wwwwwwww

島とか真田さんとかはいいんだよ、年齢はちょっと上がってたけど配役的に合ってたから全然問題なかったよ、中身もそこまで変わってなくてリアルに胸が熱くなったよ、

何でツンデレ?wwwwwwww

そこツンデレである必要あるのかwww
雪にはツンデレ要素はいらねえんだよwwwそのまんまの雪で演技してもらいたかったよwwwほんと、何でツンデレwww

ガ/ミ/ラ/ス星とイ/ス/カ/ン/ダ/ルが兄弟星って言う設定すらなくなってまさか合体かよwwwwって言うのもwww
なんか今の人が今の人向けにヤ/マ/トという題材を使ってハリウッド映画によくあるようなエイリアンショック的なものを作りました!って感じが否めない。ヤ/マ/トのあの希望とか、愛とか、地球の平和のためにとかいう若者っぽい(ジャンプくさい)テーマを取っ払われて「うわぁガ/ミ/ラ/ス怖いね」「ヤ/マ/トいっきまーす」「みんな死んじゃったけど、俺たち頑張ったよね」「大団円(笑)」みたいな感じになってたのが残念すぎる。

原作者の松/本/零/じ(検索よけ)が一切関わっていないという所から、まぁ仕方ないよな。といえるとはしても、
仕方ないよなで済まされるような内容はやっぱりファンは求めていないわけで、原作あってのものだろ!といいたくなった。スタッフロールに名前が見つからなかったんだぞ…それはさすがになんかおかしくないか…?関わっていなくともやはりわかりやすくするのが、原作を題材に使わせてもらったって言う方の礼儀じゃないのか…?
まあ、原作者が書かないでくれって言ったのかもしれないけど。あのおっさんのことだし…

一番言いたいことは、アニメ版(普通のストーリー)と愛/の/戦/士たちを何でまぜたんだって言いたいね。
あれ、大本のテーマが全く違うんだからまぜちゃだめだろwww
アニメ版は少年が思い描くような未来への希望。愛/の/戦/士たちは生きることへの執着というか、そんな感じの重たいテーマ。
のはずじゃねえの!?これテーマ真反対なんだから絞らないとケンカするじゃないかwww
アニメ版が軸というか土台になっているんだったら、最後までその土台から離れちゃまずいでしょうが。
アニメ版はびっくりするくらい結構な人数が生きて帰れるんだよ!地球に!110人位中74名だっけ?
確かに愛の戦士たちもみんな死んでしまうけど、この映画並みになんかあっさりというか、死んじゃった、悲しいね、でもこれはね地球のみなさんの為に頑張って死んだんだてへぺろ^p^

そんなんじゃねえじゃねえかあああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!

古/代君が愛/の/戦/士たちで死ぬときも、これは艦長代理だからやらなければならないのであって、生きて帰るのが一番大事な使命なんだ とか、そんな感じでとにかく生きること、生きることに必死に食らいついて希望の光を見出すことが大事だということを必死に語っていたのが、全くなかったじゃないか…っていうか、あんな死亡フラグの立て方すんなよ。あれはあんまりにも過ぎて笑ってしまった。


それに、大事なセリフがことごとくなくなっていたのも気に食わねえ…
俺たちがしなければいけないことは戦うことじゃなく、愛し合うことだったんだ みたいな(うろ覚えですみません)古/代君の切ないセリフもなかったじゃないか!敵味方の死体が転がってすごく無残なあのシーンで何で言わないの!ガ/ミ/ラ/スの設定がアレだったからか!?おい…ちくしょう!

とにかくこの映画で何を伝えたかったのか分からなかった…アニメ版のあのメッセージの強さを期待していたからこそなんだかがっくりである。

兄さんまじで死んでたってのが一番ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
アニメ版は逆に兄さんなんで生存してんの?って感じではあったけど、いいんだよ、古き良き時代のアニメはね、矛盾が楽しめるからいいんだよ。

とにかく、これはT/B/Sの二次創作だ、アニメ版とは違う、映画版だ 別物なのだ
と思ってやり過ごすことにします。


内容がないようなので検索よけにスラッシュ入れておきました。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やたくろ

Author:やたくろ
gdgd更新頑張ろうと思っている微妙な人間。神話大好き。版権ならぽっぷん、任天DO、バトスピ一期、ぼかろ好き。食べ物ならねぎとろを神とあがめる。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ついった
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。