スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベリアル特集

beri.png

こんかいはベリたん特集です^^ヒャッホォォォォォォオオオオオウウウウ!!!

なんでベリアルなの?メッフィーじゃねえのかよ畜生!!とか言わないであげてくれ。
なぜかって…キャラクター自体のぶっ飛び具合とテストプレイ時のカオスな行動など、あまりにもおバカすぎて愛されキャラになっているので、ちょっとそんな感じで特集組んだ次第です。

ベリアルについて簡単な説明をば。

$beriaru.png
べりかお


ツンデレでヤンデレなルシファー様大好きな大鎌を使う見た目しょたなおバカ。
いなごの⑨と呼ばれて愛されております。ありがたいことです。
実際の年齢はルシファーより少し年下なだけで、本来の身長はルシ様と同じくらい。あとロン毛になる。ここ重要。本来の能力の高さといい、色々と危険なので自主的に包帯でちからを制限しているのです。
ソロモン72柱ではこちらのベリたんが鬼畜なくらい強い予定ですのでマゾゲーマーのみなさんはお楽しみに。
ちなみに序列は68です。

顔グラだからちっさいけどこんな感じ。→72_68.png


人物関係といえばやっぱりルシファーが大好き。ニコ+ジャイボ÷2といったイメージです
まぁつまり、尊敬もあるし、単純に溺愛であったり、まあ大好きなんですね。
口調はどんな相手であろうと悪く、ルシファーに対しても様付けで呼ぶにしろ口は悪いまんま。
頭もあんまりかしこくないっぽいです。


ではベリたんはどんな感じのキャラなのか、黒歴史企画・プロット時代のベリたんをまずどうぞ。
100819_0253~01

写メなので画質が悪いです…
ちなみにメッフィーはどんな感じだったのかというと、
100819_0249~01

めっちゃ三白眼wwwいなごもメガネもみんな三白眼でツリ目な感じでしたwww手抜きwww
今と比べると全然かわいい感じがなかった
誰だよお前らwwwってぐらいひどいので晒すのマジ勘弁www

せっかくなのでゲーム内のスクショも持ってきました。

be.png
いなごに突っかかる。

be1.png
ルシ様になんかいわれる。

be2.png
仕方ないのかよwww

be3.png
でもおバカちんなのでやっぱり突っかかる。


be6.png
ルシ様が気になり過ぎてお部屋に突入する。

be7.png
いやとぼけるなよって言われても…

be8.png
でもルシ様がこんなこというと、

be9.png
つんでれタイム^p^


be10.png
バーカ⑨バーカ⑨
be4.png
バーカ⑨バーカ⑨

be5.png

酷評いただきました^p^

テストプレイ中は戦闘シーンで自身の攻撃が自分に当たり自爆するなどとんでもない⑨っぷりをみせてくれたりしました。ベリたんwww
そんな感じでキャラがかなり濃いゆえに、身内内でとても愛されております。ありがたいことです。
メッフィー以上に人気なんじゃないだろうか…

そんなベリたんをお友達のざくちゃんが描いてくれたのですそれも普通のベリたんと覚醒ベリたんの2枚!うほうほ^^

べリアル01

べリアル02

ナンテコッタイ^p^ おいしすぎる^^ありがとう、宝物だよ!!!
頂き物は原画もデータもそれ用のファイルつくってますんでいろんな方から頂いた絵は大事に取っておいてありますよ^^本当にありがとうございますね!

ちなみに公式(神話内)のベリアルはどんな悪魔なの?っていうと、

ベリアル(Belial、Beliar[1]、Berial[1])は、悪魔、堕天使の一人。その名は「無価値なもの」を意味するとされている。
聖書にも登場している高名な悪魔であるベリアルは、悪魔学においても重要視され、多くのグリモワールにおいて名を挙げられている。

『ゴエティア』によるとソロモン72柱の魔神の1柱で、序列68番の強大にして強力な王であり、80軍団を率いている[5][6]。ルシファーに次いで創造された天使であり、天上にあってはミカエルよりも尊き位階にあったと自ら語るという。また、ベレト、アスモダイ、ガープと並んで72柱の悪魔達を率いていたとされる。燃え上がる戦車に乗り、美しい天使の姿で現れる。地位や敵味方からの助力をもたらし、また、優れた使い魔を与えてくれるとされる。しかし、ベリアルは召喚者が生贄を捧げないと要求に対して真実を答えようとしないという。

ハインリヒ・コルネリウス・アグリッパの『隠秘哲学』によれば、悪魔の位階において「不正の器」と呼ばれる第3位階の君主であるとされる。

『術士アブラメリンの聖なる魔術の書』ではルシファー、レヴィアタン、サタンと並んで4人の上位君主(Four Superior Princes)として名を挙げられている。

コラン・ド・プランシーが『地獄の辞典』で地獄の宮廷を紹介するところによれば、ベリアルはトルコ大使であるという。

イギリスの詩人ジョン・ミルトンの『失楽園』においては、「天から堕ちた天使のうち、彼ほど淫らで、また悪徳のために悪徳を愛する不埒な者も、他にはいなかった」と歌われる。また、「天から失われた者で、彼以上に端麗な天使はいなかった。生まれつき威厳に満ち、高邁」とその美しさをたたえられているが、同時に「それはすべて偽りの虚飾に過ぎなかった」と否定されている。

(Wikipediaより)



うわっ別人www
神話には良くあることなのですが、悪魔っていうのは一つの情報源からは確立した情報をなかなか得られません。
実際にベリアルでググるといろんなものが引っ掛かって面白いですよ。ウルトラマンベリアルとか。

スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やたくろ

Author:やたくろ
gdgd更新頑張ろうと思っている微妙な人間。神話大好き。版権ならぽっぷん、任天DO、バトスピ一期、ぼかろ好き。食べ物ならねぎとろを神とあがめる。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ついった
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。