スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラデザ秘話・アバドン編+その他

コメントありがとうございます!コメントは追記に載せてあります!

ついったでぼそぼそつぶやいてたやつをまとめてみました。

いなごっちのアバドンはなんで軍服かって言うと軍馬に似てるってとこから じゃあ軍服でいいや って感じでなった。適当www
最初はライドウのパロディみたいな感じで大正時代の学生みたいな格好でした。常に内また設定だった。イミフ
わかめヘアはわたしのよめであるバトスピアバドンのリスペクトからです。片目隠しには一応意味があるんでわかめヘアじゃなくても片目隠しのつもりでした。
でもデビチルアバドンからのリスペクト要素はありません。
最初175的な意味でライダーにしようかと思ってた。でも私が肝心のバイク詳しくないのでやめました。
先輩とツーリングするっていう裏設定があって結局それが潰れたんですけど、先輩だけデザインがそれっぽいまんまなんですwww


まぁ、こんな感じです。
バイクがうんぬんって話はすごくおいしいんですが、なにぶん私があんまりにも詳しくないので(そして描けないので)お蔵入りしてしまってます…くっそう!
でもあの地獄、よくよく考えたらバイクくらいの足がないと大変だよなぁとか、バイクとかそういうので地獄を駆け巡るのすごくロマンじゃないの?って思うんです。
でもまぁライダーいなごキックはこっそりつくろうとか野望を抱いてる。ニヤァ
あと、いなごっち全体の絵柄をダークメルヘンな感じにしようとして失敗した時代もあった。

ちなみに、それと関係していなごっちの世界観の話もぼそぼそつぶやいてました。

そういえばいなごっちの世界観で大幅に違う(まぁ元ネタとは違う所ありすぎて書ききれないんですが)箇所と言ったら 人間が知識というか科学を与える側なんです
天使や悪魔の方が純粋無垢な扱いなんです。で、人間の方に知識が与えられていて、天使はその知識が嫌いで悪魔は興味津津って感じ。
天使はルシファーが堕天してやばいので科学に頼らざるを得なくなったから仕方なく研究しているって感じ。
後先輩は短銃を扱うんですが、これも人間が開発したものなんで先輩はまともにメンテナンスできませんwww
科学に関して悪魔側ではマルバスっていうニートが研究していて、先輩の銃のメンテナンスをしてあげたりしてる。
マルバスはぶっちゃけオーバーテクノロジー野郎なんで、オートメイル的な義足をモーターなしで開発したりしてます。バイク的な乗り物とかもつくれるんじゃないかな…www
あと人間がくらしてた地上は廃墟で戦場だけど宝の山状態で、悪魔たちはバイクとかイケてるもの見つけて地獄に持って帰ってドヤァってするんじゃないかなぁとか^q^


つまり、マルバスは(科学技術においては)万能なニートなわけです。
先輩は銃がどういう仕組みで弾が打ち出されるのかわかってません。マルバスは何度も「弾に火薬が入っている」と説明してるらしいんですが、先輩はどこに火薬があるんだ?ってむし⑨っぷりを発揮しています。
でもこの銃を地獄に持ち帰ってきたのは先輩で、それもルシファーが堕天したときに命がけで持って帰ってきたとか。いいもん持ってきたな。
先輩自身もともとは地上の民なので、人間がバイク乗ったり銃を扱ったりしているのを見ていたんじゃないかなぁとか。というか、地上に住んでた頃はまだ乗れるのにスクラップにされそうだったバイクとかをこっそり拾って乗り回してたんじゃないかなぁとか。アバドンがまだ影も形もない頃ですね。

これに関連して、科学のない地獄では独自の学問が育っているようです。たとえば薬草学やら宝石学、哲学に錬金術など。アバドンは軍の指揮を取るのがうまいとルシファーからお墨付きをもらっているんですが、逆にこれらの教養とはあまり縁がありません。哲学とかをナベリウスに語ってもらっても???状態なのです。むし⑨。
流行なのかよくわかりませんが、皮肉を言いあうのもよくみられます。
ちなみに天使側の青いワイシャツにジーパンって言うのは完全に流行です。天使からしてみればあれはナウい恰好なんだそう。ちなみに地獄の流行からしてみればかなり遅れてます。

無駄にいなごっち世界観細かい。細かいよ。


続きを読む »

スポンサーサイト

のらりくらり

息抜き程度につくって遊ぼうと思ってたのに気がつけば公式サイトで配布を始めるなどApricotのキャラデータを作成するのにはまってしまった。アバドンとメフィスト以外にも何か作るかもしれないです^p^
まぁするとしても七つの大罪の王のメンバーだと思いますが。ルシ様つくりたいw

いなごっちすすんでんのかよ!と怒られそうなんで、一応貼っておきます。
ronoe.png
ロノウェ案。

ronoe2.png
ロノウェ完成。正体不明の怪物ってイメージが強かったので変態仮面キャラです。

mora.jpg
モラクス。解剖学の権威らしいので変態医者キャラに。しょたこん疑惑のあるモレクと関係あるとかないとか。

raji.jpg
ラジエル。ラグエルの兄ちゃん。でも事故で昔に死んでるので本編には多分出てこない…ショボン

agamamo.jpg
ふたりはおっさん てきとうですまん。アガレスさんとマモンさん






実は

いなごっちはマルチエンディングの予定です。
これは何度か言っているんだけど、全然知らない人の方が多いむしろ知ってた人いないんじゃねってくらい微妙な開示の仕方してた情報だったのでここで。

話の謎が解ける真のエンディングはもちろんのこと、ハッピーエンドや普通なエンド、なんか物足りないエンドなどいろいろつくる予定。あくまで予定なのでまだまだ微妙ですが。

ちなみにいなごっちはこれでも鬱ゲーなので、鬱展開や後味の悪いいわゆるカルマエンドも多数用意する予定です。ヤンデレ好きの方へのご褒美鬱ハッピーエンドとか、カルマエンド、真のカルマエンドなど。あくまで予定なので(ry

こういったエンディングの分岐はいくつかの変数やスイッチで分岐したりなんだりします。たとえば何気ない会話がトリガーとなっているかもしれないし、何気ない分岐でミスすると真のエンドから遠ざかったり…など。そんな感じの妄想をしています。

さて、先ほど述べたカルマエンドやらの元ネタはサモンナイトシリーズからのものなんですが、実はいなごっちのゲームの裏ではこっそりカルマ値なんて値が計算されているのです。
このカルマ値なる値が一定数まで増えてしまうと強制的にカルマルートへ入ってしまい、鬱展開やら後味悪いやらの最悪なエンドにさせられてしまうという恐怖の値なのです。

この値は一体どういった箇所で増えてしまうのか?というと、
・戦闘(演習・ミッション・天使戦・悪魔同士の決闘など)全てにおいて、味方を戦闘不能状態にする。
・アバドンを発狂させる。
といった感じですね。もろサモンナイトですね。わかりやすい。

ちなみに柘榴で復活するときは一度戦闘不能状態になってから復活するので、万能道具に思われた柘榴に頼り過ぎると身を滅ぼしてしまうというわけです。おっかない。
※柘榴とはレーテーの川に生っているミントと並ぶ地獄の名産品です。

カルマルートは死人が出ることが予想されます。
ですが一応いなごっちは一週目は楽にクリアできるよう、戦闘演習などをこなしてたくさんレベル上げしなくともイベント戦で勝つことができるようにつくってありますのでこのルートにはなかなか入らないだろうと思ってはいます。

ちなみに立ち絵のでるイベントでメフィストと会話する際に分岐が出たりしますが、体験版の範囲ではいきなり刺されて死ぬということはありません。とあるドッキリイベントでの究極の問いでミスすると殺されますが。
メフィストの好感度もエンディングの分岐に作用します。体験版で前半の分岐を把握してしまうというのもいい攻略の仕方かもしれない。とはいえ、数値が視覚化されることが少ないので判断が難しいかと思いますが^^

一応めひデート攻略ヒントですが、服が欲しい!とねだられたり等したときお金が全然なかったら園芸屋で花束を買ってあげればメフィストの機嫌を損ねることなく好感度がどのくらいになっているのかをこっそり調べられるようになってます。ただし、おおざっぱな分岐のさせ方をしているのであまり参考にはなりませんが。ちなみに花束は100Lです。これよりお金がなかったらめひにげんなりされる他ないです。

あ、花束はデート以外にも購入できますが、メフィストにプレゼントできるのはデート時のみです。それ以外で購入した際は同盟組が死亡しているときにお墓に供えることができます。大事な仲間が死んじゃったらたむけておきましょう。


恐怖の一枚絵コーナー

eve1.png
この画面になったらあきらめてください

sekuhara3.png
とあるイベントでの一枚絵 ちなみに夜です!!オラわくわくしてきたぞ!




ルシファー城見学でもしようぜ!

まあタイトルまんまです。ルシファー城にある施設というか部屋を見ようぜ!の会です。

cas.png
ルシファー城の入り口、エントランスですね。RPGのお決まり、ここがどこなのか紹介する人がいます。

cas1.png
ルシファー城二階。エントランスから階段を上るとこんな感じの廊下に出ます。ちなみに一部屋鍵のかかった場所があります。

cas2.png
先ほどの廊下から右手に行くと食堂に出ます。なんだかんだ人口が多い。

cas3.png
先ほどの廊下から左手に行くと談話室に出ます。ちなみにこの水は超冷たいコキュートスの川から汲んでるらしいが常温に戻されてるそうですよ!安全!

cas4.png
廊下右手の扉の先には図書室があります。ベルフェゴールがいつも居座ってたり男の娘パイモンたんがうろうろしてたり。

cas5.png
ルシファー城3階。右側には武器屋、左側には防具屋が。

cas6.png
こちらは武器屋。もふもふしょたグラシャラボラスがじっくり武器見てます。

cas7.png
こちらは防具屋。装飾品の売れ行きが良くなく経営難なようです。かわいそうに…

cas8.png
カジノ。三階の廊下を左手に行くとあります。会員制。娯楽に疎いいなごは会員になっているはずがありませんので会員カードを手に入れましょう^^

cas9.png
三階左手の扉から入れる絵画室。(私の)公開処刑部屋とも呼ばれている。うっかり隠し部屋に入ると…




これらの施設は体験版でも行くことができるので是非訪れてみてください。
日に日に増改築されていくので完成版はもっと広くなっているかもしれない…


そういえば、現在最新の体験版にてテストプレイ用のデバックキャラを放置していました…orz
進行には一切問題のないキャラなので今の所放置ですが、家にいるいなごに話しかけて行う戦闘テストにて出現しますのでご注意ください。見た目がまだ未発表キャラなのでビビるかと思いますが中身はただの天使です。
倒してもグラフィックが消えずに残り不気味ですが、あんまり気にしないで頂けると幸いです。
次回更新は未定ですが、その更新にて改善しておきますのでもうしばらくお待ちくださいませ。

ソロモン72柱ってなんぞ?

今キャラが日によってランダムに出現する場所を変えるといういかにもエターなりそうなことをやってます。ふはは。これでマモンさんがアガレスさんと一緒に酒飲むシチュエーションを表現できたり、メガネがエロ本探しに図書室に来てたりっていうちょっとしたイベントがつくれるぞ。がむばる。

さて、それでなんですけど、つまりは72柱の皆さんとの会話パターンも増えるわけで、やったね!キャラゲ乙!って感じです^p^
いなごっちでの72柱の皆さんのことをおさらいしておきましょう。

~ソロモン72柱~
ソロモンさんという人が遠い昔に(と言ってはいますが実際はなぞ)大宇宙の真理を突きとめたらしい(と言ってはいますが実際はなぞ)です。
そのときに、新しくレムリア系とかいうものを勝手につくって次の研究対象の邪神の皆さんをそこで育てようとしました(と言ってはいますが実際はなぞ)。
大宇宙の真理を突きとめた偉大な人物であるため彼は膨大な魔力を秘めており、72体の悪魔を自由に使役していたというのです(と言ってはいますが実際はなぞ)。
その72柱の悪魔たちをつかって邪神の皆さんの管理をした(と言ってはいますが実際はなぞ)


というのがいなごっち内でのソロモン72柱の始まりです。なぞばっかりじゃねぇか!!!!
実際のソロモン72柱はウィキペディアかなんかでググってください。

まぁ要するに事の発端がほとんど眉つばな話って事です。
少なくともアバドンは影も形もなかったころでしょうし、その位の年代から存在するであろう輩はすごく胡散臭いので、作り話が混じっているような話半分に聞いていれば問題ないでしょうって所の話です。

そのソロモン72柱のなかでも、72柱の悪魔をまとめる悪魔もいるわけです。その皆さんがこちら。

72.jpg

一番左の009なカラーリングのやつ…ベレス
左から二番目のメガネ…アスモデウス
左から三番目のしょた…ガープ
一番右のロン毛⑨…ベリアル

七つの大罪の王が混じってんじゃねーか!しかも二人!って怒らないでください。
アスモデウスとベリアルは本気モードと思ってください。いや、いつもは本気じゃないってわけでもないんですが。アスモデウスは髪の毛を縛ってますね。いつも縛ってない人が縛りだすと萌えるの法則です。あとワイシャツではなくベストが白黒です。こいつこういう服しか持ってないのかよ。
ベリたんは包帯はずして全☆開☆放してますね。でも赤黒の厨二な服を着てるのは変わりません。
ガープは体験版でもあえますね。ストーリーがある程度進んでからメフィストと出会ってからの日数が奇数のとき、辺獄地域1に地下へ行ける階段が出現します。その先にガープがいますのでぜひおしゃべりしてみてください。ちなみに見た目はしょたですが、すごい力を秘めた大魔導士です。お人形つくるのが趣味です。

残ったのはベレスさん。ベレスは序列13の一般では「ベレト」と呼ばれてる悪魔です。名前がややこしい奴がいるので、マニアックな呼び方をしてます。
ベレスさんは一言でいえば強気受けです。ピンクにしておきました。(ドヤ
部下というか、右腕というか、用心棒というか、そんな感じでゼパールを引き連れてます。元ネタでゼパールとの関係は一切ないんですがいなごっちは捏造のオンパレードなんで大丈夫だ、問題ない。
ゼパールはあの瞳孔がギュンってなっているやつなんですが、ベレスさんのポーカーフェイスなのか感情乏しいのかよくわからない忠犬みたいなもんと思ってください。


全身画が欲しいです と言われたのでずいぶんと乱雑なものを渡してしまった。載せておきます。

bereiro.png


bere.png

bere1.png
おまけ① 先輩カラー

bere2.png
おまけ② いなごカラー

bere3.png
おまけ③ めひカラー


全身画に関しては他の72柱含む全員分を描きたいと思っていますがやるやる詐欺もあるかもしれないので期待しない程度にお待ちください。あとベレスさんの全身画はまた新しく描き直す予定です。


なんかいつも以上にカオスな文章だった気がするが、大丈夫だ、問題ない。

プロフィール

やたくろ

Author:やたくろ
gdgd更新頑張ろうと思っている微妙な人間。神話大好き。版権ならぽっぷん、任天DO、バトスピ一期、ぼかろ好き。食べ物ならねぎとろを神とあがめる。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ついった
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。